未分類

ネット副業をする前に特商法の表記で確かめるべき項目

投稿日:

安心してできるかどうかが重要

ネット副業といえばインターネットの普及とともに数が増えていますが、安心してできるかどうか確かめないと逆に損をすることになります。

お金を稼ぐ方法は人それぞれですが、インターネットの普及とともにわざわざ職場に行かなくても済むため便利です。
しかし、相手の顔が分からないことを利用して詐欺を行う傾向があり、不正行為をされないように注意しないといけません。

特商法の表記は消費者トラブルを防ぐためにすることが義務化され、なければ別の方法を探すことが大事です。

最近ではインターネットを使った詐欺の勧誘が多く、ネズミ講などで組織的に勧誘する方法が増えています。

また、この方法は信ぴょう性を高めるため紹介して入会してもらえば報酬を受け取れ、不特定多数の相手をターゲットにするため注意が必要です。

どのような項目が記載されているのか

特商法の表記は運営者の自己紹介とサービスの提供に関する約束をするために行われ、その内容を読めば不正行為をしていないと判断できます。
運営者の自己紹介は会社または屋号名、所在地、連絡先、代表者名になり、途中までしか表記されていない場合は注意が必要です。

また、商取引をするときは商品の取り扱い方をきちんと説明しているか確かめ、代金の決済の方法や期限、返品や交換に関する条件や取り扱い方法が明記されていないと怪しいと考える必要があります。

また、所在地は郵便物がきちんと届けられ、携帯電話やフリーメールなど変更しやすい番号であれば絶対に怪しいと考えることが大事です。
特商法の表記はお互いに信用できるか確かめるきっかけになり、会員登録をする前にチェックすれば詐欺のリスクを回避できます。

誇大広告には注意しよう

最近ではスマホを使ってインターネットをする人が多く、TwitterやLINEなどのSNSを通して詐欺の勧誘をされることがあります。
勧誘のパターンは「誰でも簡単な作業で1日1万円稼げる」など誘惑されやすいキーワードを並べ、実際に登録すると個人情報が流出したりお金をだまし取られるパターンが多いです。

このようなパターンは特商法の表記があったにしても情報が不十分で、ネットでサービス名や業者名を検索して情報がきちんと出てくるか確かめて決める必要があります。

また、このような勧誘はお金に困っていると誘惑されやすいと考えて不特定多数の相手に対して一括送信を行い、無視をしても嫌がらせを受けるリスクがまったくないためそうするだけで回避できることが特徴です。

-未分類

Copyright© 海外FX初心者への役立つ情報ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.