未分類

海外FX事業者の口座システムについて

投稿日:

副業で海外FX事業を行おうとしている方の中には、口座システムはどうなっているのかが気になっている方は多いはずです。
海外FX事業者の場合口座の現金保管システムは2通りあり日本のように信託保全と言う保管システムだけではありません。まず、信託保全ですがこのシステムは第3者が口座にある資産を保全しますがここで言う第3者は金融機関が保全に努めます。

この方式の利点は第3者である金融機関が資産をすべて管理するため、トレーダーとなる人物の資産はすべて銀行などの金融機関が管理しすべての金額を保証することに上げられます。
つまりFX事業者が倒産した場合すべての財産は金融機関が管理しているためすべての資産を投資家に返金することを可能としているのです。

しかしながら、この方式は海外FX事業者においてはあまり採用されておらず、その理由は海外FX事業者の場合銀行が経営している事業ではない為銀行などの金融機関を通してしまうと自由に顧客の資産を持ち出すこともできないのです。
ここが問題の部分で実は海外FX事業者は顧客の資金で会社を運営するためにある程度資産家の資産を使用することもある為場合によっては資金を取り出すことが出来ず詐欺であるという被害を口コミで訴えることがあるわけです。

ですが、トレーダーのお金を勝手に預かりFX事業者自体が管理する分別管理にも利点はあり、損害保険に加入している事業者であれば全額戻ってくることもありますし、こちらの仕組みは別途資産家の資産を運用する形で何か商売をすることが出来るため場合によっては事業者のサービスが拡大するなどの利点もあるのです。

海外FX事業者はこの2つのシステムが主で信託保全システムを採用しているものは日本のFX事業者と同じシステムで銀行などの第3者機関が責任を持ち資産を預かる為いざと言う時に資産が取り出せないというケースが無いのが利点ですが、FX事業所のサービスの向上につながるかが未知数です。

一方分別管理は、投資家の資産を使用することが出来るため場合によってはサービス向上につながることもありますが、事業所自体が倒産した場合においては資産は全額戻らないという点、いざと言う時に使いたい資金を取り出すことが出来ない場合があるなどの問題もあり両者のシステムは一長一短なのです。
その為どちらのシステムが良いかについては口座に預けてある資産の多さもありますし、保険システムが付与されているかなど様々な要因から判断は難しいと言えます。

-未分類

Copyright© 海外FX初心者への役立つ情報ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.