未分類

テクニカル分析は仮想通貨でも使える?

投稿日:

株取引やFXで人気となっているのが、短時間で利益を確定させていくスキャルピングやデイトレードなどの取引法です。

チャートの値動きを見ながら、安い時に買って高い時に売るだけであれば、感覚だけで取り組むことができると考える人もいるでしょう。確かに、ゲーム感覚で次々利益を確定させていく人もいます。

ただ、この方法はギャンブルに近く、調子に乗ると思わぬ損失を出してしまうことも少なくありません。
さらに、感覚だけで取引をすると資産が減った時に冷静な判断力を失い、より損失を増やしてしまうことも多いものです。そんなリスクを減らしてくれるのが、過去の相場の値動きなどを参考にするテクニカル分析です。このテクニカル分析は、仮想通貨にも使うことが可能です。

仮想通貨も、株やFXと同じようにチャートがあり、デイトレードのような形で利益を確定させていくことができます。
過去の値動きと同じ動きをしやすい株やFXのチャートとは違い、仮想通貨の値動きは読み切れない、テクニカル分析を使うことはできないという声もあります。
確かに、株やFXの分析と比べると精度は低く、想定外の値動きをすることもあるでしょう。
さらに、半減期など影響を受けることも少なくありません。ただ、テクニカル分析が通用する場面もあるため、全く使えないという訳ではありません。

テクニカル分析で値動きを読み切れないのであれば、無理に使わず自分の感覚を信じて取引をする方が良いと考える人も多いでしょう。

ただ、資産を増やすために仮想通貨の取引を行うのであれば、根拠のない売買は避けておく方が良いでしょう。根拠がないまま取引をするリスクは、欲が原因の失敗を起こしやすいことです。

値幅制限のない仮想通貨は、思わぬ高騰をすることもあるものです。
この時に、冷静な判断ができる人であれば、早めに利益確定をすることができるでしょう。ただ、根拠も何もなく取引をしている人は、上がり続ける相場を見て売却のタイミングを逃してしまう可能性があります。

こうした状態を避けたい時に、力になってくれるのがテクニカル分析です。ここまでは上がるなどの指標があれば、確実に利益を確定していくことができるようになるでしょう。

仮想通貨の過去の値動きに関するデータは、日々増え続けています。
これから先は、テクニカル分析の精度がさらに上がり、より使えるものになっていく可能性もあります。株やFXでも使えるため、仮想通貨を始める前にはテクニカル分析のやり方を学んでおいて損がありません。

-未分類

Copyright© 海外FX初心者への役立つ情報ブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.