未分類

FXでは備える事が大事

投稿日:

外国為替証拠金取引、つまりはFXによってちょっとした投資を行うという事が出来たりするようになっています。

最近では多くの人がこういう投資をすることによって利益を出しているというのでかなり人気が出てきて、注目されているといえるでしょう。
FXで取引をするときに注意しなければならないひとつのポイントとしてあるのが、ストップ注文です。

基本的に外国為替証拠金取引というのは為替の差益を狙うということがほとんどです。もちろん、スワップ金利狙いということもあるわけですが王道とも言えるのは差益を狙うことです。
それは悪いことではないのですが、買いから入り、売りで抜けるということのみならず、価値が下がるということが予想されているものであれば事前に売っておき、価値が下がったら買って戻すというようなやり方もできるわけです。

どちらにせよ、ストップ注文は特にFXでは必須となっています。
このストップ注文とは具体的にどのようなものかと言いますとストップ注文は別名で逆指値注文とも呼ばれています。

指値注文というのはこういう条件であれば購入したり売ったりするというような条件注文の一つであり、大抵の場合は今より良いレートで設定しておきます。
つまりは今より良い状況になったら取引をさせるというような形です。

しかし、ストップ注文は、現在のレートよりも不利なレートの状況を指定して注文をさせるというやり方になります。
どうして不利な状況で取引をしなければならない条件を作っておくのかといいますと損切りをするためです。損切りとは損失が確定するがそれ以上の被害、損害を防ぐために行う行為、取引のことです。

どんな投資でも基本的に損きりが上手い人はうまくいくと言われているのですが、特にレバレッジをかけて取引をすることが一般的なFXでは、これが上手くできるかどうか、ということで成否にかなり大きな影響を及ぼすことになります。

プロの為替ディーラーも一般の投資家も取引条件自体には違いがあるわけではなく、為替レートが低い時に買って相場が上昇したら売るか、高い時に売って相場が下落したら買い戻すというような二つの方法しか差益で利益を出すという点においては違いはなく、これはプロでも一緒です。

ですからある意味実に公正な戦いができるって市場ということになりますのでそういう点もFXのよいところであり、面白いところであるといえるでしょう。
だからこそ、人気になっているという点は間違いなくあります。

-未分類

Copyright© 海外FX初心者への役立つ情報ブログ , 2022 All Rights Reserved Powered by STINGER.